10:33分発の普通電車

人生は思いの外、ドラマチック

9:52発の普通電車まで、あと20分以上もある。



気まぐれな秋の長雨も終わり、空気が乾き始めた。
稲刈り機の音と、大橋トリオさん音楽をBGMに
正面から吹いてくるまだ少しぬるい風に浸っていると
全身を紺色コーディネートでまとめた
デニム素材の帽子をかぶった丸眼鏡の奥様から




「このあたりの方ですか?」
と声をかけられた。




「いえ、隣の町です。」
と、笑顔で応えると、




彼女は
「あなたとお話したかったの。」
と、突然、何の前触れもなく会話をはじめる。

ワクワクというよりはウキウキしている感じで。









どうやら稲刈りの方法が知りたかったようで
1週間前に覚えたばかりの少し詳しい稲刈りの方法をお伝えすると、




「若いのによく知っているのね。」
と、そんなに若くない私を褒めてくれたので、
念のため若くない旨は伝えておいた。








彼女は包帯でぐるぐるまきの私の指の怪我の話を聞かない代わりに、
仕事は何をしているのか。
一人暮らしなのかどうか。
地元はこの辺かどうか。
といった感じの何かの面接のような質問を続ける。
その質問に嘘をつく理由もなく、そのまま正直に応えていると、






「生きるって、大変よね」
と、彼女は世間話から急に人生論に舵を切った。







どうやら彼女、包帯でぐるぐるまきの私の指のような
外面ではなく、そうじゃない内面に用があるようだった。






斜め上から降り注ぐ人生論のような話が
私は別に、嫌いなわけでもない。かといって、
興味があるわけでもないけれど、
彼女の話によれば彼女自身、学生時代からザっと、
45年程、人生論について勉強しているらしかった。



彼女の人生の答えを探す旅に
私は特に勉強したわけではないけれど、
ここ10年程度で考えた、
まだ途中の答えを伝えてみることにした。
嘘をつく理由も逆に聞き返すこともない。
ただ、聞かれたことに応えるだけだ。







「なぜ、男と女が存在するのか。」
彼女からの議題は、しょっぱなから全力で
私は少し驚いたけれど、10年そこらの回答を彼女に返す。




「生物学上で考えると、理解はできない存在同士なので、
理解しようとする姿勢と、努力が必要だと思います。」


「一方通行だと成り立たないので、
そんな風に考えている人と出逢えたら素敵なんですけど、」


「最終的に、出逢いについては、もう私の意思では
どうにもならないので、現状だと、妥協しかないんだと思います。」






彼女がほしい答えは客観的な話であって、
私の意思は特に気に留めていないのだろうと感じて
「妥協はしないつもりです。」
という話はそおっと隠しておいた。








知らないうちに、向かい側のホームで9:52発の普通電車が、
発車音と共に私の向かう方向へ走り出していた。
どうやら、今日はいつもとホームが違うらしかった。
彼女もその電車に乗る予定だったらしい。
ふたりして違うホームで人生について語っていて、
電車に乗れなかったのだ。乗り過ごした私も彼女も、
まぁそんなこともある。くらいのリアクションで、
電車がいってしまったことも、
いつもとホームが違ったことも
特になんとも思っていない。



彼女にはこの後予定があって、
先を急がなければならないらしい。
10分後に向かい側のホームから特急電車が発車する。
その電車に小走りに向かい始める直前、


「私はきっとあなたに会うために
 この時間にこの場所に居たんだわ。」


「お話できてよかったわ。」


と、私をきっと褒めちぎって、とても気分がよさそうに、



彼女は私と同じ方向の特急電車に乗り込んでいった。











次の電車に乗ることが私にとって意味があるのかもしれない。
と、私は10:33分発の普通電車を待つことにする。







途中だった稲刈りはそろそろ、片付けをはじめるようだった。

タイトルとURLをコピーしました