目前に突然「ルナ」が現れた!ってなったらどうする?

ショートしないくらいの思考回路

このカテゴリーでは
私が日常で見たり、聞いたり、
考えたりしていることをまとめています。



今日も、懲りずに徒然と、


RPGでも「とつぜん」なにかが「あらわれた」ってことが良くあると思う。
例えばスライムとか。稀に、ラティアスとか。
そういう事象って人生でもよく起こっているだなと最近は感じていて、
今日も昼間、この話をしていたところ。





今日も結論から書くけど、
月野うさぎちゃんは「ルナ」が目前に現れた時、
セーラームーンになって戦う。って使命を
理不尽に突き付けられたのにも関わらず、
地球と月の未来のためにセーラームーン
(なんならエターナルスーパーセーラームーンにまでなる)
になって戦ってて、精神的にも肉体的にも
いろいろ削られるのにも関わらず
劇的ボランティアで遂行してる。

しかも、誰にも正体がバレてはいけない。
つまり評価する外部の人間はいない。




あんまり見たことないけど、仮面ライダーとかもそんな感じな気がしてる。

人生ってRPGじゃない?を文学をもって因数分解する。


人間界をRPGで表現すると「スライム」は見えていても
「ラティアス」は見えてない気がする。

それもさらに例えてみると
「水たまり」か「社会課題」みたいな感じ。
水たまりは見えてるし、よっぽどどんくさくない限り飛び越えられる。
でもラティアスは見えないうえに、
攻略法が確立されていなかったりする。
そもそも、水たまりを飛び越えることが「解決」なのかどうか。
そっと置いておいて、、、
ちなみに、ラティアスを絶対につかまえることができる。みたいな
マスターボール的裏技は人間界にはおそらく存在しない。








前者も後者も見えるか見えないかが問題なのではなくて、
それをどうとらえるのか。が問題で、
それを見つけて「どうにかしよう」とするのか「見て見ぬふり」も
選択できるのだからやっぱり人生っておもしろいな。って私は思う。


ここで、ラティアスを攻略しに挑戦するのか
2番ロードとかでむしとりあみを持って
むしとりしょうねんになるのかも自分次第なんだろうな。
と思う。これが、
自分の人生の主人公になれるかどうかって最大のポイントだと思う。
(最近こういう記事をよく目にしまくるから便乗した。(笑))



ヒーローに憧れたことのある過去は本質なのか!説。


将来の夢を小さいころ聞かれた時「セーラームーン!!!」
って言ってたのってココに本質があるんじゃないかと、思った。
いや、ほんと深いよね。



この本質に対しての認識は私の憶測でしかないけれど
誰かのために何かを実行すること。
っというヒーロー・ヒロイン的感情は
実は元々、感覚的に持っているのではないか説。
大人になるうえで失くしてしまう感覚。


途中、ピーターパン症候群にかかったり、
いろいろぐちゃぐちゃになって
良い意味でも悪い意味でも「損得勘定」を習得して
「大人」を自分なりにとらえていくのよね。

この間だれかがTwitterでいってたけど、
大人になるってことは
「子供」から大切な要素を抜き取っていく引き算だってこと。
ほんとコレだと思う。




「損」だからヒーロー・ヒロインを諦める。
っていうのは、
私的には誰かからの受け売りだったり、
多数決に紛れて
自分の考えを自分で捉えることを辞めてしまうこと
なのではないだろうか。




認識しているのとしていないので、
その後大きくリアクションが変わる気がするし
実際に、自覚せずともその役柄を買って出ている人だって
現実RPGにはたくさんいてたりする。
もちろん、正体がバレない感じで。











私は、この文章を呼んでいる方たちの期待通り、
目の前に「ルナ」が現れたら、
「メークアップ!」って叫ぶ派!











それから、今は、
じゃあ「銀水晶」ってなんやろ。
って次のステージを考えているよ。(笑)

タイトルとURLをコピーしました