君以外の全世界の人には君のことが好きだって云える。

人生は思いの外、ドラマチック

頭を冷やすために、
誰も入っていない河に足だけを突っこんだ。
岸から見える水深は暗く深く見えていたのに
思いの外浅く、穏やかに見えていた河の流れは、
思ったよりも勢いがよかった。

 

 

 

風が解かるところで話がしたかったから、
鴨川沿いの河川敷でハイネケンのプルタブを鳴らす。
初対面だからどうのこうの。そういうのに関係なく、
本質に近いところで会話ができるのは
とても気持ちが良いことだった。
大げさかもしれないが、
久しぶりに、私は私の声を聞いた気がする。

 

 

 

 

2年ぶりに会った2つ年上の友人は、
5つ年上の友人とやってきた。
「はじめまして」のあいさつ代わりに
「お疲れ様。」と、一日の終わりをスタートさせる。

 

 

 

 

 

 

久しぶりにあった友人は
当時と、殆ど変わりないように見えたけれど
彼の声にのせられたフレーズ達には
昔よりも魂が強めにトッピングされているような気がする。
それは本人にも自覚があるように見えた。

 

 

そんな風に感じ取ったとしても、特に詞にはしない。
「そこに何があったのか。」よりも、
「これからどうなるのか。」の方が、
断然、話が面白いことを私も友人も知っているからだ。

 

 

 

 

 

 

私の心を見透かす友人は、きっと、ほぼ、全員に近い。
だいたいの友人が強がりの私の「本音」を聴こうと、
あれやこれやと関わってくれる。
それが、どうにもこうにも申し訳なくなって、
最近は最初から本音で話すようになった。

 

 

 


その点に彼は大変驚いたようで、
「成長したね。」
と声をかけてくれた。
私は調子に乗って、
「褒めて」と甘えておいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大阪までの最終電車は、
迷うことなく私をまっすぐと最寄り駅まで運んでくれた。

タイトルとURLをコピーしました